REPORT

  • 2020.2.9

    DayVreaK vol.3 BLAIVE Interview

    BLAIVEがBLAIVEであるための存在証明

    新体制から紆余曲折を経て、走り続けた今までの2年間、そしてこれからをメンバーに聞いた。

     

     

     

    ――新体制での再始動から2年が経ちましたが、この2年間を振り返ってみてどうでしたか?

    ジキル:音楽、ライブ、ステージ、歌、自分自身と全てにおいてしっかりと向き合えた2年間でした。

    沢山悩んで、乗り越えて、「成長できたな」と思う瞬間に出会えました。

    こうして、歌を届けられる環境に恵まれていることに感謝しています。

    可憐:沢山の方々にお世話になり、新しい経験をさせていただきました。

    作品を作る際には非常に苦しむことが多かったのですが、それが形になり皆さんの耳に届くことがこの上ない喜びでした。

    コンポーザー、演者としての自分を成長させてくれた2年間だったと思います。

    wayu:音楽面やライブ面では好きなように変えてやれた新体制だったので、本当にやり続けて良かったなと思います。

    勿論、自分自身の問題でスキル等未だに至らない部分もありますが、それでも成長できたと自信をもって言える2年間でした。

    愁:試行錯誤の2年だったと思います。

    試練と壁の繰り返しで細かいことはあんまり覚えてないところではあるんですけど(笑)

    でも、メンバー同士の団結力があったからこそ、ここまでの2年を過ごせたんだろうなと思います。

     

    ――では、3年目のBLAIVEの活動やこれからの展望をどのようにお考えですか。

    ジキル:自分の脳内に描いているモノをストレートに吐き出して、後悔の無い活動をしていきたいですね。

    これまでに培ったバンドとしての経験やエネルギーをうまく伝達できるように。

    この4人でしか表現できない音楽やステージを、より突き詰めて進んでいきたいです。

    可憐:個人的には今までも同じ目標でしたが、とにかく新しいことに挑戦し続けることです。

    BLAIVEが得意としているものを更に大きくしていきます。

    皆さんを感動させられる作品作りをしていきたいと思っています。

    wayu:音楽面やライブ面とは打って変わってアートワークやメイク、衣装や音源、その他諸々もっと拘りたかったのですが、

    それが出来ない2年間でした。そこは今は自由に出来るような環境になったので、そういった部分もこれからは自信を持って

    届けたいです。そうでないとやっぱり納得できないので!

    愁:個人的な話で言えば具体的なものは無いです。

    その時々の環境やご縁を大切に紡いでいくことを念頭において1歩ずつ歩んだその先に見える具体的なものだと思うので。

    その点で言えば、昨年の下半期はペースを落としての活動だった分、走り出した時はどんな景色が見えてくるのか、

    どんな未来がチラつくのかが凄く楽しみですね。

     

    ――ありがとうございます。東北の印象や思い出などをお教えください。

    ジキル:20年以上住んでいた故郷なのでどれもが思い出なんですが、上京してきて1番感じたのは人の温かさとご飯の美味しさです(笑)

    あとは良い意味で時間の流れがゆっくりなところですね。

    可憐:メンバーと牛タンを食べに行ったことですね、仙台出身のメンバーがいるので心強かったです。

    自然も豊かなので花見の季節もすごく綺麗でした。

    wayu:仙台生まれなのであれですが、七夕祭りは好きですね!

    愁:遠征で僕は基本的にずっとドライバーというのもあるのですが、大自然に囲まれた東北道が1番に出て来ます。

    眠気を誘う魔の通りだと思っています(笑)

     

    ――3月7日に本誌イベントで久しぶりに仙台でのライブが決まりました。

    ライブに向けての意気込みをお教えください。

    ジキル:9ヶ月ぶりの仙台になります。純粋に、単純に、カッコイイ!って思われるライブにします。それだけ。

    可憐:久しぶりの仙台ですし、楽しむことは勿論ですが、沢山学びたいと思います。

    wayu:せっかくこういった機会を頂けたので思いっきり楽しんで色んな感情をぶつけたいです!

    愁:いつも通り全力なのは当然ですが、仙台でのライブが久しぶりな分、今の自分たちがお客様にどう映るのかがとても楽しみです。

     

     

     

    BLAIVE

     

    Vo.ジキル / Gt.可憐 / Ba.wayu / Dr.愁

    攻撃的かつヘヴィなサウンドを主軸とし、Rock, Loud, Emo, Electroなど様々なジャンルを取り込み、それらを昇華している。
    2018年1月5日、始動お披露目ワンマンライブを大成功に収め、自らを「ライブバンド」と名乗り、全員が楽しめるライブを信条とし都内を中心に活動の幅を拡大中。

     

    <LIVE SCHEDULE>
    2月14日(金) 巣鴨獅子王
    3月7日(土) 仙台spaceZero
    4月2日(木) 高田馬場AREA
    4月13日(月) 高田馬場AREA
    4月22日(水) 巣鴨獅子王

     

    BLAIVE OFFICIAL Twitter

    https://twitter.com/BLAIVE_official

     

    BLAIVE OFFICIAL YouTube

    https://www.youtube.com/channel/UCReu-LxSlioyKV_cpaaYWGQ

TOP

掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ、映像データ等)の無断転載を禁じます。

© Copyright DayVreaK